クルマランキング

キリクと魔女 ランキング!

キリクと魔女 キリクと魔女 [DVD]

魔女が搾取する村では、若い男達は魔女退治にでたまま帰ってこず、水も湧き出てこなくなって生活は苦しくなっている。そんな村にキリクという小さな男の子が生まれる。キリクは体は小さいが知恵を絞って、村を魔女から救い出す。キリクは生まれて直ぐの男の子であるが、分からないことに疑問を持ち素直な好奇心から質問をする。そうすることで少しずつ世界の仕組みを理解していき、水が沸きでてこない問題を解決し、魔女という村の問題をも解決する。このアニメは問うことの素晴らしさが解り易く描かれている。問うことの素晴らしさとは、成長の証であり、問題を解決するための根源的な方法であると実感させられる、大人が観ても楽しめる秀作!!!さすがフランス産、、、アメリカ産とは一味違います。画もイイ!!! キリクと魔女 [DVD] 関連情報

キリクと魔女 <原作本> キリクと魔女

 実は映画を観てから原作に当たった。高畠氏の講演会の後、評判のいい外国作品をアニメ化したという安易な認識を突き崩されたからだ。主人公と魔女との対決という構図そのものよりも、キリクが孤独であることの方がより問題だった。今まで意識しなかった、童話の世界でははっきり表明されなかったせりふがあまりにも印象的だった。「黄金(きん)がなくても生きていけるけれど、水がなければ生きていけない」「いつでもいるんだ、わたしたちに苦しみを与えたがる人々が。その人たちをこちらは苦しめたりしないのに。そのことは分かっていなくちゃいけない、水はぬらすもの、とか、火は燃やすもの、とか同じように」「そうか。必要なのは、前もって覚悟しとくってことなんだね」「ときどきぼく、少しだけど疲れてしまうんだ、戦うのはいつもひとりだから…、少しだけど、自分が小さいって感じるんだ、少しだけど怖いなって思うんだ…」 母親・祖父・魔女、また村人たちとの会話の中で、キリクが「まっぱだかな無心さ(イノセンス)」「いつも目を覚ましている知性(あたま)」「自由な知性」を、いかに使っているか。一寸法師を連想させるような予定調和のラストシーンではあるが、村の男たちの歌が個人と全体の共通の問題を提示していて、なるほどと感じさせる。また、傷ついた心の持ち主である魔女の在り方が、ジェンダーを意識させて興味深い。 <原作本> キリクと魔女 関連情報

キリクと魔女 キリクと魔女

一曲だけとは少しがっかりしたけど、この一曲がとてもいいので許すかな キリクと魔女 関連情報

キリクと魔女 キリクと魔女【日本語吹替版】 [VHS]

黒を基調としたバックに鮮やかに浮かび上がる花や動物たち。体をくねらせて踊る子供たちの不思議な動き。ユッスー・ンドゥールの音楽に乗って展開される神話的な物語。どれをとっても日本のアニメとは一味違います。夜の暗さ、魔力への恐れなど、神秘的な「闇」を感じさせられます。 三歳から十三歳の子供と一緒に見ましたが、怖がりつつもひきつけられ、まさに「魅入られる」といった感じで見ていました。小さい子はキリクたちのコミカルな動きに大喜び。大きい子になると異界の魅力を感じたようです。もちろん大人が見ても、面白いです。 スタジオジブリということでトトロやラピュタのようなものを期待すると、ちょっと怖いかもしれません。アフリカンやアジアンの世界が好きな人には絶対にお勧めです。 キリクと魔女【日本語吹替版】 [VHS] 関連情報

キリクと魔女 <絵本> キリクと魔女

 実は映画を観てから原作に当たった。高畠氏の講演会の後、評判のいい外国作品をアニメ化したという安易な認識を突き崩されたからだ。主人公と魔女との対決という構図そのものよりも、キリクが孤独であることの方がより問題だった。今まで意識しなかった、童話の世界でははっきり表明されなかったせりふがあまりにも印象的だった。「黄金(きん)がなくても生きていけるけれど、水がなければ生きていけない」「いつでもいるんだ、わたしたちに苦しみを与えたがる人々が。その人たちをこちらは苦しめたりしないのに。そのことは分かっていなくちゃいけない、水はぬらすもの、とか、火は燃やすもの、とか同じように」「そうか。必要なのは、前もって覚悟しとくってことなんだね」「ときどきぼく、少しだけど疲れてしまうんだ、戦うのはいつもひとりだから…、少しだけど、自分が小さいって感じるんだ、少しだけど怖いなって思うんだ…」 母親・祖父・魔女、また村人たちとの会話の中で、キリクが「まっぱだかな無心さ(イノセンス)」「いつも目を覚ましている知性(あたま)」「自由な知性」を、いかに使っているか。一寸法師を連想させるような予定調和のラストシーンではあるが、村の男たちの歌が個人と全体の共通の問題を提示していて、なるほどと感じさせる。また、傷ついた心の持ち主である魔女の在り方が、ジェンダーを意識させて興味深い。 <絵本> キリクと魔女 関連情報


Loading...


ここを友達に教える