白鷺ゆい グッズ

師匠じゃなかったころのフェルナンド・トーレス「リバプール」時代のスーパーゴール集!

Twitter(ツイッター) ⇒ https://twitter.com/bokisa_kuru ☆サッカースーパーゴール蹴神2ndチャンネル登録はこちら ...

投資という視点での物販ビジネス

投資という視点で物販ビジネスに取り組んでいます。月利20%のリターンで 回す感覚なので、投資案件としては悪くないと思います。

【どっきり】高橋ジョージと和田アキ子の大ケンカ・

【ドッキリ】和田アキ子 VS 高橋ジョージが大ゲンカで修羅場 1. 【ドッキリ】和田アキ子 VS 高橋ジョージが大ゲンカで修羅場 2.

681系しらさぎ 名古屋駅発車【GTO-VVVF】

東芝GTO-VVVF制御の681系W02編成です。

◆JPOPランキング◆
ここを友達に教える
クルマランキング

白鷺ゆい グッズ

白鷺ゆい リバプール 2004-2005 ヨーロッパ王者への軌跡 [DVD]

2時間以上もあるお腹いっぱいなDVDです。チャンピオンズリーグ制覇までの道のりが丁寧に編集されています。でも試合ダイジェストだけではなく他にも見所いっぱいです。みんなの人気者、今のレッズの顔(初めの方のオーウェンとの対比…)ジェラードが当たり前ですがたくさん出ていて好きな人にはとってもオススメです。落とせない大切な重要な試合でのスティーブンの強さには惚れ惚れします(ポルトガル戦PK失敗のガックリ肩を落として体育座りをしていたのには触れないでおきます)。微妙なユニフォーム以外の服も見れますし(ネクタイ曲がってる)声に元気が感じられないボソボソしたしゃべりのインタビューも聞けます。シーズン最初のがっつりぼーずから段々髪が伸びていくのも楽しめます(笑)。チャンスを逃し苦しそうにもがく悔しい表情とやんちゃでかわいらしい笑顔が満載です。個人的にはビッグイヤーを掲げる時左手でツッコミを入れているところに大笑いしました。ツワモノ親父を持つキャラガーの見た目とギャップのある声の高さやリーセやシセの気合いの入ったヘアスタイル、感極まって服を脱ぎだすおじさん(多分抜かれているのに気付いてない)など試合以外のところでもかなり楽しめます。 リバプール 2004-2005 ヨーロッパ王者への軌跡 [DVD] 関連情報

白鷺ゆい 食える数学

著者・神永正博氏の「食える数学」と題された著書に食い付いてしまった。書店で青い表紙に黄色い文字に、目を惹き付けられたのだ。第2章「どの数学が好きですか」 食えなくてもいいですか などは、数学科数学は、フグのキモの様であると・・。いかに、上手くさばけるかが、重要であるそうなのだ。本書のタイトルとなっている「食える」と対照的であり、うまく記述されているのだ。対数関数のテーラー展開 log(1+x) などを例にとり、特定の範囲でのみ美しい式が成立する事を、おもしろく取上げている。そういわれれば、スレスレ感という感覚は、オモシロイと感じたのである。おまた、「ストリート・スマート」に自分の仕事に役立てる様に、数学を身につけて行くことスタイルを、ぼんやりとではあるが、理解できたのだ。「食える数学」を少しだけ消化できたと思えた一冊である。 食える数学 関連情報

白鷺ゆい 火曜日のごちそうはヒキガエル―ヒキガエルとんだ大冒険〈1〉 (児童図書館・文学の部屋)

みみずくにつかまってしまったヒキガエル。みみずくの巣に連れて行かれて、とうぜんのことながら、食べられてしまう運命となる。その日になるまでの奇妙な同居というか、とらわれの身の生活。その運命の日が、みみずくのたんじょうびの火曜日。しかし、その火曜日をむかえて、みみずくに突発事態が発生。その時、みみずくはヒキガエルに何と言ったか。そのどんでん返しは読んでのお楽しみ。それが分かっていても、何度も読んでしまう感動物語です。子どもの本ですが、大人にもおすすめです。読んでぜったいに損しません。 火曜日のごちそうはヒキガエル―ヒキガエルとんだ大冒険〈1〉 (児童図書館・文学の部屋) 関連情報

白鷺ゆい 牧場物語 つながる新天地

牧場物語はハーベストムーンからの大ファンでほとんどの作品をプレイしてきました。今作では作業面の効率アップで時間短縮でき、前作ではあまりできなかった釣り等に時間を割り振ることができ、やれることに幅が出来たと思います。また洋服も種類が増え(これがまた可愛い)、髪型や容姿と共に気軽に変えることが出来るのはとてもおもしろいです。気分によって男の娘になったり(笑)他の方がおっしゃる通り貿易2ヵ国の出現条件は鬼畜過ぎでしたが、コツコツと作っては出荷を繰り返していたら全貿易国が揃ってました。牧場物語ならではの繰り返し作業が好きな方は貿易国の条件はあまり苦にはならないかと…。ただ住人との絡みの呆気なさ、ここが本当に残念で仕方ありません。会話に関しては他の方が仰っている通り、住人イベントは前作よりグっと減り同性の結婚候補に至ってはイベントすらなし…日々会話するだけの仲です。もっと牧場がどうだとか、結婚相手とはどうだなんてことを話題にしてくれてもいいのに…。結婚候補とお付き合い始めた際の冷やかし会話も1日きり、冬のエッダさんイベント後や主人公が結婚・妊娠・出産した際にもそういう関連の会話がないことがより住人との上辺だけの付き合いを物語っているように感じます。また数少ない住人イベントも、その家庭の身内しか出てこないので住人同士本当に仲が良いのかさえ疑問に思います。前作の住人イベントは「えっ、この人物とこの人物が絡むなんて」とどんな展開になるのかというワクワク感や、女の子同士の可愛い会話等が聞けてとても楽しかったのに…。今作はいいキャラ揃いだったのでよけいに残念でした。恋愛イベントも勿論ですが、住人イベントも楽しみにしてるんです。その辺手を抜いて欲しくなかったですね。今作はイベントや行事を楽しみにしている方はあまり期待しない方がいいと思います。キャラクターを全然活かせてません。せっかくタイトルに「つながる」とついてるのだから貿易国だけでなく住人や動物との繋がりを大事にした欲しかったです。 牧場物語 つながる新天地 関連情報

白鷺ゆい しらさぎ城で逢いましょう (B‐PRINCE文庫)

「逢いたかった。やっと逢えた」多分これがサブタイトルといっていいような気がします。たった1度高校のときに話しただけのクラスメートを一途にお互いに思い続けて、尚且つ、お互いに自分の道を相手に逢った時に、恥ずかしくないよう邁進して、努力をしている。やっと、お互いに思いを伝え合い、また逢えない間に事を話し合って結ばれた事の喜びはよかったです。 しらさぎ城で逢いましょう (B‐PRINCE文庫) 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
サッカーランキング